ハイボールがダイエットにオススメな理由!ハイボールはふとらないのでダイエット中でも楽しめる。

ダイエット



ダイエットをしているんだけれども、
ダイエット中にお酒って飲んでいいんだろうか?
ハイボールがいいって聞くけれども、そこのところどうなんだろう?

 

こんな疑問について考えます。

 

ダイエット中のお酒との付き合い方

ダイエット中にお酒は飲んでいいのでしょうか?

その疑問について考えたのがこちらの記事です。

 

 

こちらの記事の要点は、
・お酒が持っているカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれ、体温上昇に使われる。
・太る栄養素は炭水化物・糖質なので、蒸留酒をメインに選ぶ。
・つまみは太る。

ということで、
お酒自体が持っているアルコールは体温上昇に率先して使われるので、
それ自体で太ることはありません。

蒸留酒をうまく選べば体型にそれほど影響を持つことはないでしょう。

しかし、つまみは別です。

つまみは単純にその分のカロリーのせいで太るだけでなく、
エンプティカロリーが率先して燃焼されているので、
その分つまみのカロリーの消費がおくれてしまい、
それが脂肪として残りやすい状態になってしまいます。

お酒単体では太りませんが、
つまみを食べると1発で脂肪になる可能性が高まるため、
ダイエット中はあまり手を出さない方がいいとされています。

 

ダイエットの強い味方!ハイボールがオススメの理由!

ダイエット中に飲んでも差し支えないお酒の
おすすめNo.1は”ハイボール”です!

 

炭水化物が少ない

お酒でカロリーを気にする場合、
必要なのは栄養成分表示の”エネルギー”の欄ではなく、
”炭水化物”に焦点を当てて下さい。

炭水化物 ○g というように書いてありますが、
1gあたり4kcalの計算で算出してあげると、
そのお酒の100mgあたりの本当のカロリーがわかります。

つまり、お酒においてはアルコールを含めた全体のカロリーではなく、
炭水化物がもつカロリーを気にするようにしましょう。

 

その視点で、ウィスキーの炭水化物の量をみてみると
ウイスキーの糖質はゼロなので、
実質的なカロリーはありません。

そのような意味で、ウィスキーをメインに作られる、
ハイボールはダイエットの強い味方としてオススメされます。

 

飲む量が抑えられる

ウィスキーはアルコール度数が強いため、
一気に多くの量を飲むことは難しいです。

度数が強いお酒は、酔いやすいため、
自然と飲む量が減っていきます。

そのため、ロックでも30ml-60mlをチビチビと飲むか、
ハイボールとしてソーダで薄めるかという飲み方が一般的になります。

結果として、飲みやすいお酒をたくさん飲むよりも、
度数の高いウィスキー飲む方が摂取カロリーが低くなっていきます。

 

ハイボールの飲み方

基本的にハイボールであれば全てオススメなのですが、
コンビニで売っているような缶のハイボールはオススメできません。

こちらは”サントリーのトリスハイボール”の栄養成分なのですが、

 

エネルギー(100mlあたり)50kcal
たんぱく質(100mlあたり)0g
脂質(100mlあたり)0g
炭水化物(100mlあたり)2.3g
-糖類(100mlあたり)0~1g

食塩相当量(100mlあたり)0~0.03g
プリン体(100mlあたり)0mg

 

炭水化物が2.3g入っています。
100mlあたり、9.2kcalのカロリーがあります。

この数値は少し注意をする必要があると思います。

居酒屋のハイボールは基本的に『ウイスキー+ソーダ』で作っているところが多いので、
居酒屋のハイボールは気にせず飲んでも差し支えないです。

また、自宅で晩酌で飲む場合は、缶のハイボールを購入するのではなく、
こちらの大きめのウイスキーと2Lのソーダーを買って合わせるようにしましょう。

コストの面でもかなり安く作れるのでおすすめです。

 

 

基本的には『ウイスキーとソーダ』で作りますが、
ハイボールはアレンジがしやすいお酒です。

レモンや梅干しを入れるだけで風味が変わってきます。

また、カロリーは上がってしまいますが、
カルピスやコーラ、ジンジャエール、トマトなど、
幅広く合わせることが可能です。