ノープーの効果とやり方。ノープーの気になる疑問点を解決しよう。

生活



最近ノーシャンプーなるものが流行っているようですね。
“ノープー”と略されていて”湯シャン”とも呼ばれているようですが。

「ノープーって汚くないの?汚れとれるの?」
「ノープーって臭いはどうなの?とれるの?」

シャンプーを使うことが当たり前になっている中、
斬新なノープーに踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

しかしノープーは、今や世界中で著名人も取り入れている最新ヘアケアになっているのです。

今回は、ノープーがどのようなものなのか、ノープーの効果や疑問点も踏まえてご紹介します。

 

ノープーって何?

ノープーとは、
シャンプーを全く使わず、お湯だけで髪を洗う方法
のことです。

ノープーが注目されている理由は、
シャンプーの中に入っている様々な化学薬品が、
人体に有害だと考えられるようになったことが大きな要因です。

ノープーの生みの親は、
アメリカのヘアスタイリストであるロレイン・マッセイという方です。

アメリカを発端として欧米諸国に広まっていて、
世界中で著名な海外セレブ達もノープーを行なっています。

ノープーは日本でも注目されるようになり、

  • タモリさん
  • 福山雅治さん
  • 中村アンさん

をはじめとして、男女問わずモデルや俳優、女優の方々が
ノープーを取り入れています。

 

ノープーの効果

私たちは当たり前のように日々シャンプーをすることで
知らない内に頭皮をダメージを与えてしまっています

シャンプーを使うことは、汚れをしっかりと落としてくれる面がありますが、
一方で皮脂を余計に落とし過ぎてしまうという面もあります。

また、シャンプーの中に入っている様々な化学薬品が
髪に余計なストレスを与えることによって、
様々な髪のトラブルの原因になることもあります。

ノープーには、そのような頭皮や髪の状態を改善し、
健康な状態に戻し、そして維持する効果が期待されています。

 

ノープーのよくある疑問点

シャンプーをしないで汚れを落とせるの?

シャンプーを使って頭を洗うことは一般的になっているので、
ノープーで汚れがきちんと落ちるのか気になる人は多いでしょう。

そもそも汚れは、シャワーのお湯だけでも7〜8割
くらいは洗い流せると言われており、
ノープーではかなり念入りにすすぎを行うので、
ノープーでも汚れは殆ど洗い流せるといえます。

ちなみに、お湯の温度が、
40度以上の場合シャンプーと同じくらいの洗浄力があると言われています。

すすぎの程度とお湯の温度に気をつければ、
ノープーでも汚れは落とすことができるといえるでしょう。

 

ノープーで臭わない?

シャンプーをつかうと、非常に爽快感があり、
いい匂いがするのが一般的です。

それに対して、いきなりシャンプーをしなくなると、
正直臭いが気になると思います。

それは頭皮が今までシャンプーでの洗髪になれていた状態から、
いきなり使用を辞めてしまうことで、
頭皮がびっくりしてしまい頭皮に分泌される皮脂が多くなってしまうからです。

なのでノープーを始めたての時は
臭いが気になる場合が多いのではないかと思います。

しかしある程度やり続けると、
臭わなくなるだけでなく、元々頭皮の臭いが
気になっていた人も改善していくようです。

 

ノープーのやり方

用意するもの

ノープーのやり方をご紹介します
まず用意するものは以下の4つです。
・ヘアブラシ(動物性の柔らかいものがおすすめ)
・粗めのヘアブラシやコーム、くしでも可
・お酢
・クエン酸

お酢とクエン酸は両方使っても、片方だけでも大丈夫です。
お酢の匂いが気になる方もいると思うので、
そのような方はクエン酸を使うことをおすすめします。

 

髪をブラッシングする

ノープーにおいてブラッシングは非常に重要です。

髪を濡らす前にブラッシングは
髪が絡まなくなるだけでなく、
大まかな汚れを取ることに役立ちます。

動物性の柔らかいブラシを利用することで
頭皮が傷つくのを防ぐことができるのでおすすめです。

頭頂部から毛先に向かってブラッシングするのではなく、
生え際から頭頂部に向かってブラッシングするようにしてください。

このようにすることによって大まかな頭皮の汚れもしっかりと落とすことができます。

 

じっくり時間をかけて流しましょう

シャンプーのようにこするのではなく、
指の腹を使って軽くマッサージするように、
水圧で優しく時間をかけて洗い流します。

お湯の温度は普段の湯船の温度よりも少し低いくらいの33〜34度くらいで、
3〜5分の長めの時間をかけて洗い流します。

 

お酢またはクエン酸を髪に付ける

洗面器にお湯をため、小さじ1/2~1/3程度のお酢またはクエン酸を混ぜたら、
これを頭皮や髪に馴染ませるましょう。

ロングヘアーの人は絡まりやすいので
目のあらいコームなどを使って絡まらないようにしましょう。

髪の手触りが気にならない位馴染ませることができたら、
再度流すようにしましょう。

 

髪を乾かす

ドライヤーの熱もダメージになってしまいます。
遠くからドライヤーの風だけをあてるようにしましょう。

高温は水分を飛ばし過ぎてしまいダメージに繋がるので、
冷風を使う方が良いです。

 

ノープー用のおすすめ商品

ノープーが汚れや臭いがとれるといっても、
それでも気になる方や、洗う手間が気になる人もいると思います。

そんな方に向けて、ロレアルパリから発売されている
「ラ クレム ラヴォン」という泡なしクレンジングクリームをご紹介します。

ノープーが化学薬品を全く使わないお湯で洗うことを意味するので、
その意味からは少し離れてしまっています。

なので、どちらかというと泡が立たないのでよりダメージを抑えられる、
シャンプーみたいなイメージの方がいいかもしれません。

こちらはシャンプーなので髪のダメージを抑えつつ、
頭皮の汚れもしっかりと落とすことができます。

やはりいきなりシャンプーを使わないことには抵抗があるので、
少し段階を抑えたものから始めてみてもいいかもしれません。