できることとやりたいこと:『林先生が驚く初耳学!』をみて

日記



  

 

 

だらっとYouTubeをみていたら、
『林先生が驚く初耳学!』林修が高学歴ニートと激突!君たちはなぜ働かないのか
という動画があり、思いの他面白くてがっつりとみてしまった。

もっとも印象に残った点は
「できることとやりたいことの2軸で今後のやっていくことを考える」
という話になった時だ。

それにちなんで、今回は「やりたいこととできること」について考えてみる。

林先生の主張

できることvsやりたいこと

できることとは他人が認めてくれる「できること」で、
自分ができると思っていることではなく、
結果を出して他人ができると認めてくれることです。

やりたいことはそのままの意味で、
自分が興味のあることという意味で使われます。

林先生は一番最初にやりたいことを挑戦して、
それに失敗した後できることを行なったようです。

ご自身の経験を踏まえて、
やりたいことよりもできることを優先すべきだと主張しています。

ただ、それはやりたいことを否定するわけではなく、
それに挑戦することは大事なことだけれども、
うまくいかなかったら切り替えるタイミングは必要だ
(見切りをつける時期っていうのはある)
と言っています。

どっちをとってもいいけれども、
もしやりたいことを行なってうまくいかなかったら、
できることに切り替えたらいいのでは?

自分はやりたいことをやり、失敗し、
できることを行い成功したよ、
という経験からそう考えているよ。

まとめるとそんな主張になるのだと思います。

 

ハマるということ

この動画をみていて、
確かに納得するところが多いなとは感じています。

しかし、それが全て自分の中であてはまるのかと考えた時、
少し違うなと思ってしまいました。

どちらかというと僕の場合は「ハマること」の方が
重要なのかなと考えています。

このハマることっていうのは
ホリエモンが著書「ゼロ」の中で言っていることなのですが、

・人はなにかに「没頭」することができたとき、その対象を好きになることができる。

・人は「仕事が好きだから、営業に没頭する」のではない。順番は逆で、「営業に没頭したから、仕事が好きになる」のである。

・どうすれば没頭することができるのか?僕の経験から言えるのは、「自分の手でルールを作ること」である。

・自分でつくったルール、自分で立てたプランだったら、納得感を持って取り組むことができるし、やらざるをえない。

このようなことを著書の中で言っています。

個人的にはこのハマる・没頭するの感覚の方が、
できる・やりたいよりも大切な気がしています。

別にできても、できなくても、
やりたくても、やりたくなくても、一回やった時に、
「あっ、これハマるわ!」と思って、
その後驚異的な集中力を出せてしまうことを大切にすべきだと思っています。

できる・やりたいに対抗する、
第3の考え方といったところなのでしょうか?

できることもやりたいことも見当たらない人はいると思うのですが、
ハマることは誰にでもあるのではないでしょうか??

実力も意思も関係ない本能的なところで、
あっ、これアリだ!と思う感覚を大切にしていきたいです。