年末年始でダイエットが続かない人へオススメしたい対策方法

ダイエット



年末年始にダイエット続けるのって難しいですよね。

クリスマスから始まって、年末からの年始!

クリスマスで恋人との食事をして、
年末にかけて忘年会で飲みまくって、
年末年始で家族や地元の友達との飲み食い。

食べていい日が連続でくるあたり
グイグイ攻めてきていますよね。

個人的には年末年始にはしっかり飲んで食べて、
歓談して楽しむことってすごい大切なことなんだと思っています。

ただね。


その後の体重の増加具合ね。
残念にもほどがありますよね。

今回はそんな年末年始でダイエットが
続かなくなってしまっている方にオススメの
対策方法をご紹介します。

自己嫌悪がなくなるPFCバランスの考え方

ダイエット中なのにクリスマスにショートケーキを食べちゃった。

でもこれっていけないことですか?

いいえ、違います。

PFCバランスの考え方を知っておけば、
こんな時も安心して美味しくケーキを食べられます!

カロリーを持つ栄養素

栄養素ってたくさんあるじゃないですか。

ですが、意外や意外。
脂肪になるカロリーになる栄養素って、
3種類しかないんですよ。

タンパク質(Protein)・脂質(Fat)・炭水化物(Carbohydrate)
の3種類です。

タンパク質(1g) : 4kcal
脂質(1g) : 9kcal
炭水化物(1g) : 4kcal

1gあたりそれぞれこれくらいのカロリーを発します。

ということは1日の摂取カロリーはそれぞれの栄養素を
どれくらいとったかで決まるってことですね。

 

 

理想のPFCバランス

この3種類の栄養素の頭文字をとってこれらのバランスを、
PFCバランスと言います。

一般的な食生活のPFCバランスは
P:15% F:25% C:60%になっているようです。

仮に1日に2000kcal摂取したい人は、
P: 300kcal = 75g
F: 500kcal = 55.5g
C: 1200kcal = 300g
の栄養素を摂取することが理想となります。

これに筋肉をつけたい人やダイエットしたい人など、
状況やなりたい形によっていろいろ調整していきます。

この上で先ほどのショートケーキの例に戻ります。

ショートケーキのPFCバランスは
タンパク質 4.59g
脂質 25.3g
炭水化物 29.05g
(参考 : http://calorie.slism.jp/200337/)

となっています。

ショートケーキと先ほどのPFCバランスを確認してみると、
もう余裕ですよね。

もはや2個食べてもまったく問題ない!
そしたら残りのご飯はプロテインとササミがメインだな。
てなりますけれども。

とりあえず年末年始はこのPFCのバランスを
整えるところに重点を置いて、
それ以外は目をつむりましょう。

 

お酒は太るの?太らないの?

先ほどカロリーを作るのは
3種類の栄養素のみと言いましたが、
実はもう一個あります!

「アルコール」です!

しかしアルコールはエンプティカロリーとよばれ、
体温の上昇に優先して使われるため、
脂肪にはならないんです。

つまり、アルコールは太らない!

 

ただし、炭水化物は太る

お酒の中にはアルコール度数が高いものと、
低いものがありますよね。

アルコールは太りませんが、
炭水化物は普通に脂肪になりますよ。
それは上記の通りです。

だからビールなんかの炭水化物(糖質)が入っているものを選ぶよりも、
ウイスキーなど糖質がはいっていないものを中心に攻めるべきです。

よく言われるますがハイボールでいくのがベストです。

これで年末年始も戦える!

お酒を飲むときの注意点

お酒をのむと、つまみが欲しくなりますよね。
といってつまみを食べすぎたらアウトです。

そこは重要なポイントですよね。

プラスで重要なポイントがあるのですが、
お酒を飲むと体がエンプティーカロリーを優先して、
消費しようとするので、普通のカロリーが燃焼されず、
脂肪になりやすいという問題点があります。

なので、本来ダイエットにお酒は不向きなのですが、
年末年始はしょうがない!

代替策をしっておくといざというときに役立ちます!

まとめ

年末年始にはどうしても飲み食いするタイミングが増えますが、
そこでダイエットを諦めてしまってもしょうがない!

踏ん張り続けるための豆知識をご紹介しました。

本来ならば、ショートケーキもお酒もあまり良くないですが、
どうしても飲み食いするタイミングに役立つと思います。