アルコール依存症の飲酒行動。こんな風になったらアルコール依存症の可能性があります。

生活



 

アルコール依存症の飲酒行動をまとめました。

こんな風になったらアルコール依存症の可能性があるので気をつけてください。

 

アルコール依存症とは

アルコール依存症は、
アルコールの持つ依存性によって発病する病気で、
薬物依存の一つです。

一言で言うと、
飲酒によって色々な悪い結果が起こっているにも関わらず、
なお飲み続けている状態です。

 

耐性が低下する

耐性というのは、酒に強くなるということです。

酔って気分がよくなるのに必要なアルコールの量が増えてくる、
もしくは、同じ量のアルコールを飲んでも
だんだん酔わなくなっていくことを言います。

日々アルコールを摂取していると、
だんだんアルコールに対する耐性がついてきます。

しかし、アルコール依存症が進行すると
いったん獲得された耐性が低下して、少量のアルコールを飲んだだけで、
酔っ払うようになります。

 

アルコールのコントロールができなくなる

アルコール依存症になると、
アルコールをコントロールして飲む能力を無くしてしまいます。

これをコントロール喪失とか、コントロール障害と言います。

普通の人は酒を飲んでも、飲む量を自分で決めることができます。

 

一方、アルコール依存症の人は、
いったん飲み始めると、
体が満足するまでやめることができません。

コントロール障害は一生回復せず、正常な酒飲みに戻ることはありません。

そのため、一滴のアルコールも体内に入れないようにしないと、
健康な生活を続けることはできないのです。

 

アルコールの定期的な摂取をする

アルコールを飲む量と時間が毎日ほぼ同じという、
画一的なパターンの飲み方になります。

初期の段階では仕事はなんとかやっていますが、
家に帰るとほとんど飲んでいます。

症状が進行するにつれて、
飲まずにいられる時間がだんだん短くなります。

末期になると、目を覚ますと酒を飲み、
酔ってから寝るというパターンを
繰り返すようになりながら毎日飲み続けます。

これを連続飲酒発作と言います。

基本的には飲むこととアルコールを買ってくこと以外、
何もできない状態になります。

 

アルコールを辞めたいという強い気持ちを持っている

普通にお酒を飲む人はアルコールを辞めたいという
強い気持ちはありません。

一方、アルコール依存症の人は、その気持ちがとても強いです。

しかし、飲み始めるとキリのいいところで終わることはできず、
なんどもお酒を断とうとしますが、いつも失敗します。

 

どんなことが起こっても飲み続けてしまう

医者から命が危ないと言われても、お酒が原因で離婚話が出ていても、
会社から解雇宣告をされても飲み続けてしまいます。

正常の方はそこまで悪い結果になるくらいなら、
飲まないという選択をします。

しかし、アルコール依存症の人は
悪い結果にしかならないことがわかっていても
それでも辞められません。

それは「依存症」という病気にかかっているからなのです。

 

不快な離脱症状が出てくる

アルコール依存症になると、アルコールが切れてきたときに
堪え難い離脱症状が出てきます。

アルコールが切れてきて、
気持ちが落ち着かなくなったり、手が震えたりしても、
アルコールが体内に入るとすぐに治るため、
離脱症状を予防するために飲酒します。

離脱症状を倒すために飲酒しても、
そのアルコールが切れてくると、
また同じような離脱症状が出るので、
それをしずめようとまた飲酒するという悪循環に陥ります。

 

アルコールを飲むことを何よりも優先する

飲酒のために多大な時間、お金、労力を使い、
それ以外のことをおろそかにするようになります。

職場から帰っても、家にいる間はほとんど飲んでいて、
休みの日は一日中飲んでいます。

そのうち仕事を休んででも飲むようになります。

いったんアルコールがはいると、
酒を飲むこと以外何も考えられなくなります。