アルコール依存症の身体障害

生活



何年にも渡って大量の飲酒をしていると、
様々な体の障害を引き起こします。

アルコールによる身体障害の原因は2つあります。

1つ目はアルコールそのものの臓器に対する毒性で、
それによって全身の臓器に障害が生じます。

2つ目は栄養障害で、食事をとらないで飲み続けることから生じます。

肝障害

肝臓は栄養素の貯蔵や代謝、老廃物や有害物質の解毒など
様々な働きをしています。

アルコールや薬なども肝臓で代謝されます。

肝臓は予備能力が大きく、少々の障害では症状が出ません。

また、再生能力が高いため、
肝炎などで障害を受けることがあっても、
容易に正常な組織に戻ります。

アルコールが原因の肝障害には
脂肪肝、アルコール肝炎、肝硬変があります。

脂肪肝は、アルコール性肝障害のうち最も軽いもので、
肝細胞内に脂肪がたまり、肝臓が大きくなっている状態で、
酒をやめることによってよく治ります。

アルコール肝炎になると、肝細胞が変性、壊死を起こし、
肝臓は大きくなります。

食欲不振、悪心、嘔吐などが生じ、ときには死亡する可能性もあります。

肝硬変は肝障害の終着駅といわれている疾患です。
肝細胞の広範な壊死が起こり、それに変わって肝臓としての働きをしない
結合組織がたくさんできてきます。

肝臓は初めのうちはおおきくなりますが、のちには萎縮します。

さまざまな重篤な症状を示し、死亡率の高い病気です。

 

アルコール膵炎

膵炎の症状は強烈な上腹部痛や背部痛です。
鎮痛剤がきかないこともあります。

膵臓は萎縮し、消化酵素を十二指腸に送り出す膵管は拡張します。
その中には、膵石が見られます。
膵臓が萎縮すると、糖尿病の原因にもなります。

 

胃腸障害

胃や腸は食物を吸収するところで、
高濃度のアルコールにさらされやすいところです。

急性胃粘膜病変、胃十二市長潰瘍
マローリー・ワイス症候群、吸収不良症候群
などの症状が現れます。

 

アルコール心筋症

全身に血液を送り込んでいるのが心臓です。
血液は酵素と栄養を全身に運んでいます。
その心臓の筋肉がやられるのがこの病気です。

心臓は肥大して、不整脈、体を動かした時の呼吸困難や動悸
夜間の突発性呼吸困難などが見られます。

継承の場合は、酒をやめることによって急速によくなります。
胸部のレントゲン写真をとると、
大きく肥大していた心臓が風船がしぼむように小さくなるのが観察されます。

しかし、末期になると酒をやめても回復しなくなります。

 

アルコール・ミオパチー

主として、手足の筋肉がやられます。

大量のアルコールを飲んだ後に、
急激に骨格筋の筋痛、脱力、浮腫、壊死、
を生じる急性型と、徐々に体幹に近い筋肉の萎縮と
脱力が起こってくる慢性型があります。

 

脳神経障害

精神活動や知覚、運動などを司っているのが脳神経です。
アルコールの害は、精神の座である脳にも及びます。
幹細胞と違って、神経細胞は一旦死んでしまうと再生しません。

ウェルニッケ・コルサコフ脳症、
痴呆の促進、アルコール小脳変性症
多発神経炎などの症状が脳神経障害で起こります。

 

ペラグラ

ビタミンの一種であるニコチン酸の欠乏によって起こります。
日光にさらされる部位の対称性の皮膚炎、
せん妄を中心とする精神症状、下痢が主な症状です。

ニコチン酸の投与によってよくなりますが、
治療が遅れると死亡する場合もあります。

 

中毒性弱視

徐々に視力が低下して、
検査すると視野中心部に見えないところがあることに気づきます。

酒をやめて、十分な栄養をとることによって改善します。

 

その他身体障害

胎児アルコール症候群、糖尿病、貧血低血糖などがあります。

 

家族から見たアルコール依存症の身体障害

アルコール依存症の身体障害は多々ありますが、
家族視点から見た際、強烈に違和感を感じるのが、
脳神経障害です。

物覚えが悪くなったり、記憶がすっぽり抜けていることが、
他人から見てもとてもわかります。

覚えていないことを聞かれると自信満々に
作り話をして対応すること多いので、
コミュニケーション上の違和感を感じます。

うまくしゃべれなくなったり、上手く歩けなくなったり、
家の廊下でこけたりして、アザをたくさん作っているところ見ると、
日常生活でも支障をきたしている様子が伺えます。

このような症状が50歳半ばからでており、
60歳になる前に痴呆の症状もでているところみると、
アルコールによる脳の被害は甚大なのだなと思うところです。