食べても痩せられる。ダイエットを成功できる理由

日記



牛丼を食べてしまった。。。

ダイエットしているのに牛丼を食べてしまった。

今まで我慢してきたのに、頑張ってきたのに、
これまでの頑張りは無になってしまったのか?

溢れ出る後悔。

自分は我慢できない人間なのだと自分を攻め、
自己嫌悪におちいる。

これでダイエットは失敗してしまったのか?

 

ダイエットを成功に導くIIFYMの考え方

そんなことはありません。
一度牛丼を食べたくらいではダイエットは失敗しないのです。

この考え方はIIFYMという考え方の元に成り立っています。

IIFYMとは簡単にいうと
決められたマクロ栄養素のバランスの範囲なら
何を食べてもいい
」という考え方です。

あなたの適正なマクロ栄養素の摂取量を把握しておけば、
牛丼だろうとただの食材の一つです。

==牛丼==
・タンパク質:18.03g
・脂質:23.87g
・炭水化物:112.7g
・カロリー:771kcal
参照サイト:カロリーSlism
======

たかだかそれだけのことなのです。

ちょむすけの1日のマクロ栄養素の目標摂取量は
・タンパク質:136g
・脂質:43g
・炭水化物:157g
です。

なので、牛丼を食べた日には
残りの栄養素でカロリーをとるように帳尻を合わせれば、
全く問題ない!というわけですね。

ガチガチな栄養管理ではなくて、
このくらい融通がきいてくれると、
ダイエットも続きそうな気がしてきますね。

 

どうしても食べたいものは最初から計画にいれておこう!

ダイエットをしている間、
どうしても誘惑に負けてしまうことがあります。

その誘惑に打ち勝てず、
食べてしまうと罪悪感を覚えてしまいます。

罪悪感がある状態で健全なダイエットを
行うのはなかなか大変なところがありますよね。

なら、最初から計画にいれてしまいましょう。

今日は牛丼を食べる日なのです。

そうすれば、誘惑に負けたのではなく、
計画を遂行しただけになります。

あとは、他の食材でマクロ栄養素の調整をすれば大丈夫です。

 

まとめ

あなたの適正なマクロ栄養素のバランスを取っていれば、
好きなものを少したべたくらい特に何も問題ありません。

ストレスによってダイエットが続けれらないくらいなら、
いっそのこと食べてしまいましょう。

長期間続けられることの方がよっぽど大切です。

このIIFYMの考え方をうまく使って、
ダイエットを成功させてください。