ダイエットする前に知っておきたい3大栄養素の知識

日記



ダイエットのために栄養管理をする必要がありますが、
栄養管理を行う前にぜひ知っておいてほしい知識があります。

それが3大栄養素です。

細かい栄養を管理する前に、
最もしっかり管理したい栄養素になります。

3大栄養素は「タンパク質・脂質・炭水化物」
の3つをさします。

知識をしっかりつけて理解できるようにしましょう。

 

タンパク質について

タンパク質は、体を構成する成分として欠かせない要素です。
内臓や筋肉のほか、皮膚や髪、爪に至るまで体全体を作る元になっています。
また、さまざまな酵素やホルモン、免疫抗体の材料としても重要です。

肉類や魚類、卵や乳製品に多く含まれており、
タンパク質1g=4kcal になります。

日本人にとって一番不足している栄養素といっても過言ではなく、
不足すると筋肉の減少、肌や髪にハリやツヤがなくなる等、
ダイエットだけでなく、美容にも多くの問題をもたらします。

脂質について

関節の健康や脳の動き、ホルモン分泌や
脂肪燃焼においても必須の栄養素です。

オリーブオイルやごま油などの油類に加え、
アーモンドや落花生、チーズなどにも含まれます。

1g=9kcal です。

脂肪燃焼にも効果のある栄養素なため、
資質を取らないと体がきちんと機能しないうえ、
脂肪燃焼の妨げにもなります。

そのため、ダイエット中でも良質な脂質の確保が必要になります。

炭水化物について

主に人間が活動するために使用され、
体や脳を動かすエネルギー源として最も重要な栄養素です。

穀類や麺類、果物などに多くふくまれており、
1g=4kcal のエネルギーが作られています。

まとめ

この3つの栄養素がダイエットで管理する
最も重要な栄養素となります。

基本的にはこれらの栄養素を自分の体にあった適量分
適切に摂取することがダイエットにおける「栄養管理」になります。