吃音の原因と治し方をスピリチュアルな視点から紹介:自分を愛して!から抜粋

生活



 

吃音の原因と治し方をスピリチュアルな視点から紹介します。

 

リズ・ブルボー著

自分を愛して! 病気と不調があなたに伝える<からだ>からのメッセージ

から抜粋しています。

 

病気というものは、物質体=肉体、感情体、精神体が結びついて起こるので、

病気は肉体だけの問題だけではなく、

感情や精神にも関係しているという考え方を元にしています。

 

吃音は体の症状だけでなく、

内側の感情に大きな影響を与えます。

 

そういった意味で新しい視点からの

吃音の原因の把握、治すための指針が打ち出せるのではないでしょうか。

一般的な吃音の症状

連発

「おおはよう」のように音を繰り返す症状です。

吃音が出始める初期段階によく見られます。

伸発

「おーーーはよう」のように音を引き延ばす症状です。

 

難発

「・・・・・おはよう」のようにつまって音が出てこない症状です。

 

一般的な吃音の原因とその治し方

どもりやすい環境下にいる

人前で話す機会が多かったり、
話すことに対してストレスを強く感じる環境で生活をしています。

なので解決策は、吃音が出にくい環境を作ることです。

滑らかに話せるイメージがない

どもっている自分に対して嫌悪感を持っています。
頭の中で、常に自分がどもっているイメージを持ってしまっています。

そのため、どもらない良いイメージを持つことが推奨されます。

呼吸や話し方に問題がある

呼吸が浅く、話す時に途切れ途切れになっています。
スピードが速すぎたり、強い声を出して話してしまいます。

吃音が出ないような話し方をマスターするようなことを推奨されています。

スピリチュアル視点の吃音の原因

肉体的なレベル

吃音は一般的に幼児期に始まり、大人になるまで続きます。

 

感情的なレベル

幼い時に、恐れのために、

自分はこうしたいとはっきり主張できなかった人が

吃音になりやすいようです。

 

そして、大きくなっても、権力を持つ人を非常に恐れています。

 

特に、権力者に対して、

自分が望むことを表明しなければならなくなった時に、

強い恐れに見舞われます。

 

精神的なレベル

もしあなたが吃音であるのなら、

どうか自分自身に対して、

自由に欲求を持つことを許してあげてください。

 

「そんな欲求を持つなんて正気の沙汰ではない」

というエゴの声は無視するようにしましょう。

 

また、誰か権力を持つ人が、

あなたの欲求を正当でないとみなすことを恐れる必要も、もうありません。

 

自分の欲しいものを自分に与えてあげましょう。

 

いづれにしても、

あなたは自分の選択の結果を引き受けなければならないのです。

 

どんな人でも、

自分の選択の結果を引き受けなくてはなりません。

 

あなたは他の人たちが権威主義的だと思い込んでいますが、

実は、あなたの中にも権威主義的な部分があり、

その部分が、自己表現することを望んでいます。

 

その部分は、決して意地が悪いわけではありません。

 

どうかそれを知ってください。

 

そうすれば、あなたの身近にいる、

あなたが権威主義的だと思い込んでいる人たちとも、

今後はうまくやっていくことができるでしょう。

 

スピリチュアル視点の吃音の原因の治し方

肉体的なレベルに関する質問

「私の体に起こっていることを最も的確に言い表すには、どんな言葉を使えばいいだろうか?

私は、今、体に起こっていることを、どんな風に感じているだろうか?」

 

この質問に対する答えを見れば、

その病気を引き起こした人や状況に対して、

あなたがどう感じているかが明らかになります。

 

感情的なレベルに関する質問

A:この病気があるせいで私は何をすることができなくなっているだろうか?

 

この質問に対する答えを見れば、ブロックされているあなたの欲求が明らかになります。

B:この病気があるせいで、私はどんな人間になれずにいるだろうか?

 

この質問の答えは「私は、△△人間になれずにいる」

といった内容になります(△△のところには、形容詞や動詞、または文章などが入ります。)

 

精神的なレベルに関する質問

私が△△人間になったとしたら、私の人生では、どんな嫌なこと、または困ったことが起こり得るだろうか?

そのことで私は、どんなふうに自分を裁くだろうか?また、他の人たちは、どんな風に私を裁くだろうか?

 

この最後の質問に対する答えは、あなたのためにならない<思い込み>を明らかにします。

 

この<思い込み>は、あなたの欲求をブロックし、あなたがなりたい人間になることを阻止しています。

 

その結果、あなたのからだに問題が起こっているのです。

 

スピリチュアルなレベル

Bの質問に対する答えは、あなたが本来なりたいものを表しています。

 

でもその欲求は、あなたの<思い込み>によって阻まれているのです。

 

【スピリチュアル視点】これらの質問に関する結論

あなたは、自分の役に立たなくなった<思い込み>を知ることができたでしょうか?

 

自分がなりたい人間になることを妨げている<思い込み>を自覚することができたでしょうか?

 

もしそれができたとしたら、あなたがすべきことは次のことです。

 

つまり、幼い頃、もう二度と痛みを感じまいとして、

そうした<思い込み>を作ってしまったインナー・チャイルドとコンタクトをとって、

自分がそういう<思い込み>をつくったということを完全に許すのです。

 

そして、幸せになるために、

その思い込みをまだ自分が必要としているかどうかを自問するのです。

 

もしも答えが、「イエス」であるなら、

その<思い込み>はまだ、あなたのためになっているということです。

 

あなたがあなたの人生の主人公なのですから、

あなたはその<思い込み>を持ち続けることができます。

 

ただし、その<思い込み>を持っている限り、

あなたは必ずまた同じ問題に遭遇することになるでしょう。

 

あなたの人生に変化は訪れません。

 

そのことだけは、忘れないでください。

 

もし、あなたが、これ以上その<思い込み>を

持っているのはいやだと心の底からおもうなら、

自分に対して、なりたい人間になることを許し、

そのために必要な行動を起こしてください。

 

さあ、勇気を持って前に進みましょう!