【感想】<ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み【加藤公一レオ】の紹介

日記



ちょむすけが読んだ本を紹介するシリーズ!

 

今回はこちら!

 

 

Webマーケティング 本 おすすめ」

で検索をするとどのサイトでも紹介されているこの本!

 

かなりの有名な本だと思い読んでみました。

今回はそちらの紹介!

 

ネット上での評判

===以下抜粋===

(評価の高い意見として)

非常に実践的な本です。

自分自身はEC経験者ですが、プロが読んで妥当性・実用性が高いと思える内容です。

キャラクター的に表現は強めで、また、広告代理店の非常識・ECのプロの常識で見解が分かれる内容もあり、好き嫌いが分かれる人が出るタイプの本だと思います。

王道的な内容を実践的な経験を踏まえて分かりやすく書いてありますが、どこまで内容を徹底してやるかが重要だと思います。

 

(評価の低い意見として)

見込み獲得から、引き揚げまで一貫したロジックがあり非常に参考になります。

ただ、その先のどうLTVにつなげていくのかは業界的な構造もあり深く語られてない部分は残念でした。

どう固定客を増やしていくかは他のCRM書籍とセットで購入するとさらなる力を発揮すると思います。

最初のLPOは情報弱者をターゲットにした、手法やデザインだなと感じます。

なのでどのターゲットを取っていきLTVにつなげていくか。それさえぶれなければとても良い施策になると思います。

まずはレスポンスを極めて目に見える売り上げを出したい方には最適。

最終的には数値にしにくい変数であるブランディングへどうつなげるかが重要だと思います。

==========(Amazonレビューより)

 

深い意見がたくさんあるもんだと感心しました。

 

ちょむすけ自身はかなり好評価だっただけに、

批判的な意見もちらほらあったことに驚き。

 

レビューを見た所、あまり知識がない方(初学者)は、

この本に記載されているノウハウを見て驚く傾向にあって、

逆にその道のプロの方には物足りない部分もあるのかなという雰囲気を受けました。

 

なので、初心者から中級者向けといったところなのでしょうか。

 

ちょむすけの感想

すごいためになる本だったなぁと思っています。

 

こんな高質なノウハウを2000円の本なんかにして、

ばらしちゃっていいのかなぁ?と思いました。

秘密にしてコンサルとかした方がもっと儲かったろうに、と笑

 

レビューにもあったんですが、

作者のキャラクターが非常に強烈でした。

 

===以下抜粋===

完全保証しよう。

この本でお話しする「最強の仕組み」をあなたがしっかり実践すると、

100%確実にネット広告の費用対効果をあげることができる。

==========(本作 序章より)

 

こんなことを本に記載している作者は見たことがない笑

 

よほど自身があるんだろうなとはおもっていたけれども、

中身を見てみると、全てABテストによって検証済みのノウハウばかりで、

ロジックに非の打ち所がないものになっていました。

 

お客さんに対し、何を思っているのか、何を求めているのか、どう行動したいのかを真剣に考え、

それに対して最前な形は何なのかを究極的に突き詰めて、検証したものをノウハウとして、

提供してくれているなというように感じました。

 

非常に細かいところではあるのですが、

ちょむすけが本当にお客さんに真摯だなと思ったところがあります。

 

1つの例として申し込みフォームのあり方の9つのテクニックの部分。

 

1.各フォームを大きめにし、見やすく

2.必須項目と残りの数を明確に

3.名前を入力すると、「ふりがな」が自動的に入力されるように

4.郵便番号を記入すると、住所が自動的に入力されるようになる

5.全角・半角の「自動切り替え」を使う

6.入力不備をリアルタイムで指摘

7.必須項目が正しく入力されてから、申し込みボタンを表示

8.申し込みフォームの背景にうっすら商品画像

9.フォローメールの「オプトインの同意」を必須に

と言うように項目がつけられていました。

 

1-7に関してはどんな企業のフォームにもあっていいとおもうところなのですが、

実際はそんなことはないのちょむすけの実感です。

 

特にイライラするのは5番!

 

住所の一番最後の「○○市2-6-11」とか書くところの全角とか半角とかで

イライラした経験のある人はかなり多いんじゃないですかね?

 

そういった細かいところでも顧客のことを考えてアプローチを考える。

そういった顧客視点が十分になされているというように感じました。

 

細かいところまでプロフェッショナル、「これは本物だ」と思わさせられる本。

 

すごい本だなぁとは思いつつも、

ターゲット層が大企業・もしくは中小の通販企業に限定された本になっていると思うので、

個人アフィリエイターには直接はそんなに関係ない内容になっているのかなと。

 

派生していったらまた別ですけれども。

 

個人のアフィリエイター向けに、

このくらいすばらしいクオリティーの本出してくれないかななんて願望。

 

以上

 

ちょむすけ