【感想と評判】アフィリエイトで稼ぐ1年目の教科書これから始める人が必ず知りたい70の疑問と答え【電子書籍】[ 川端美帆 ]の紹介

日記



読んだ本を紹介するシリーズ!

 

今回はこちらの

「アフィリエイトで稼ぐ1年目の教科書これから始める人が必ず知りたい70の疑問と答え」

の評判と感想をまとめていきます!

 

 

ネット上での評判

===以下抜粋===

(評価の高い意見として)

Q&A方式で、知りたいをかなえてくれる本です。
本格的にアフィリエイトで収入を得ようと思うなら、
この本はおススメなのではないかと思います。
私も実際にこの本でアフィリエイトのなんたるかを勉強して
役に立っています。

 

(評価の低い意見として)

この本だけで、始められないです。
もう少し、絞って勧めて欲しいです。
絞られていないので、始められないので、結局他の本を探さないといけないです!

=========(Amazonレビューより)

 

ネット上の評判をみて感じること

高い評価と低い評価の2つをアマゾンレビューより抜粋させてもらいました。

この2つのレビューがこの本の立ち位置を表しているように思います。

アフィリエイトで稼いでいくために必要なことが幅広く書いてあります。
なので、アフィリエイトをとりまく全体像をしっかりと把握することができます。

一方で、絞られていないのでこの本だけで深い知識を手に入れることはできないでしょう。

これから始めよう、もしくは始めたばかりの方がアフィリエイトを知るためには
適切な素晴らしい本になっているのではないかと思います。

 

内容

大枠としてアフィリエイトの全体感が把握できる内容になってます。

 

川端美帆さんはペラサイトという形で、

ある単一の商品を紹介するWEBページを大量生産することで、

収入源を作っていく戦略をとっているようです。

 

その方針にそって「アフィリエイトとは」と言うことを述べています。

 

ソフト・ハード面のパソコン等の作業場を作った後、

効率の良い広告選びから始まり、その広告をより売りやすいキーワードの選定、

ペラサイトというスタンスでのサイト作りの仕方等々。

 

私自身が王道だと思う腕のあるアフィリエイターの方法で

しっかり稼ぎを出している方から見ることのできる

「アフィリエイト」という世界を知ることができます。

 

実際に読んでみて感じたこと

私がこの本の秀逸だと思うポイントはタイトルです!

1年目の教科書」ですって!

でも読むと感じます。確かに1年目の教科書だって。

 

全くの初心者でも、

この本に書いてあることの大概は理解できるんです。

・・・論理的には。

 

でも本質はそこではなくて、

論理的にわかった部分を実践によって、

感覚的に理解することが必要なんだなって思います。

 

だからこの本読んでも

「わかったけどわかんねぇ」状態になるってことですな。

 

おそらく実践して、ある程度感覚的に理解したらまた戻ってくる、

本当に「教科書」的な本なんだろうなって感じます。

 

立ち位置としては、初心者が中級者になるために頻繁に戻ってくるような本だと思います。

 

これはスタンスによるところがあるんだと思うんですが、

ブログの性質とその人がなにをしたいかっていうところで、

アフィリエイトの戦略ってかわるんだろうなって思います。

 

なので必ずしも単一商品を紹介するブログを作る人ばかりではないんだろうなと。

 

だから「こういうアフィリエイターもいるんだなぁ。へぇー。」

って感じでした。

 

ただやっぱり自分のセールスライティングで読者に商品を買ってもらうように、

マーケティングをするって言うのがWEBマーケティングの王道だと思うので、

この本に書いてある形でアフィリエイトにいつか挑戦してみたいなぁーと思うのでした。

 

感じたことは超主観的なところでしたけれども、

アフィリエイトの大枠を理解するには素晴らしい本だと思います。

 

まとめ

いつか、自分のブランド力とかそう言うの関係なく、

自分のコピーライティングのみでものを買ってもらう猛者になりたいので、

この本は本当に私の一年目の教科書になりそうな予感がします笑